Author Archives: admin

司法書士と行政書士、それとも弁護士誰に依頼すればいい?

土地の名義変更が必要になった場合は、素人でも申請する事は可能ですが、ある程度専門的な知識も必要になるので、かなりの時間と労力がかかります。

この場合は専門家に依頼する方が手続きもスムーズですし、困った事があった場合も相談に乗ってもらえるのでメリットもあります。

土地の名義変更に関する手続きをする場合は、家に専属の弁護士さんがいるなら弁護士にすべて任せておけますので安心です。

しかし弁護士に依頼するには高額な報酬を支払わなければいけないというイメージもあるので、簡単には依頼できない人もいます。

こういう場合は司法書士や行政書士に代理人になってもらい、土地名義変更の手続きを代行してもらう事もできます。

この場合司法書士と行政書士のどちらに依頼すべきかですが、相続登記に関しての手続きは両方とも権利があるのでどちらに依頼しても代行してもらえます。

依頼するには委任状が必要ですが、委任状の作成も代行してもらえるから安心です。

ただし遺産相続で相続放棄の手続きが必要になる場合は、行政書士では関われない手続きがあるので、この場合は司法書士に依頼します。

どちらかわからない場合は、司法書士を選んだほうが無難でしょう。

司法書士や行政書士によって報酬も変わってきますので、ここは色々と比較して実績などから判断していきます。

土地名義変更の手続きは、そう何度も行う事ではありませんが、基礎知識として最低限の事を知っておくと安心ですね。

マンション名義変更の場合は?

土地名義変更に関しては、土地だけなのかその上に建物が建っているかによっても内容は変わってきます。

マンションを土地ごと相続するような場合は、不動産の名義変更と考えます。

この場合も相続登記の手続きが必要になりますが、相続する理由によっても手続き内容や手数料は変わってきます。

相続というと元々の土地の所有者が死亡しその子供が相続する場合もあれば、生前贈与で土地の名義変更のみにしておくというケースもあります。

夫婦の場合は離婚に伴い財産分与で財産を分ける権利があるので、財産分与での名義変更というケースもあります。

後は家やマンションを建てるために、土地を購入した場合ですね。

このように理由もいろいろありますが、土地名義変更は不動産登記という手続きが必要です。

土地の名義変更手続きは意外と面倒ですし、司法書士に依頼をするにしても費用がかかります。

司法書士報酬にも違いはありますが、少しでも費用を抑えるために土地の名義変更を先延ばしにする事があります。

本来土地の名義変更は必ずしなければいけないという義務はないので、費用を抑えるためにあえてそのままにしておく人もいます。

ただし何代もそのままにしておくと、相続人が増え手続きがさらに面倒になるというデメリットもうまれてくるので、名義変更をする必要があるなら早いほうがいいとも言われています。

いつ、どのタイミングで土地の名義変更をするかは自由ですが、先の事を考えるなら早いほうがいいでしょう。

関連記事⇒[相続登記をしなくても大丈夫?しなかった代償は大きい

相続手続きでの土地名義変更

土地を相続する理由にもいくつかありますが、相続する事になったらただ土地を貰いましたというわけにはいきません。

土地を譲り受けるか相続する場合には、元の所有者からの名義変更手続きが必要になります。

この場合は相続手続きなに必要な書類を揃え、申請書を作成し法務局へ提出するという事を全て自分でこなさなければいけません。

かなり面倒ですし、素人には限界もあるので、こういう場合は司法書士に依頼する事になります。

これなら面倒な手続きも全て司法書士が代行してくれますし、司法書士に依頼するには委任状が必要ですが、これも全て作成してもらえます。

相続で土地の名義変更をする場合には、相続登記申請書を作成しますが、一から作成するので意外と手間がかかります。

しかし司法書士のように専門家なら、必要書類を用意するのも仕事のうちですからスムーズに進みます。

相続する人の人数などにもよりますが、申請する前に書類を揃えるのも意外と苦労しますが。

遺産分割協議書という書類作成が一番大変ですが、司法書士に依頼すればわからない事も相談しながら進められるので心強いと思います。

特に問題なくスムーズに手続きが進めば、申請してから2週間もすれば手続きはすべて完了となり、新しい所有者に名義変更ができます。

ちなみに手続きをするのは、土地があるところの管轄法務局になります。

現在住んでいるところから相続する土地が遠い場合は、交通費などもかかりますので注意してください。

関連サイト・・>[http://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79.html

土地の名義変更には何が必要?

土地名義変更にはそれぞれに理由がありますが、理由ごとに必要書類も変わってきます。

いくつかの理由がありますが、最も多い物として相続する場合で見ていきましょう。

この場合土地名義変更の事を相続登記といいます。

必要になるのは元々土地を所有していた人の戸籍謄本が必要ですが、亡くなっている場合はそれを証明する書類も必要です。

戸籍謄本以外にも住民票も用意しておきます。

次に土地を相続する人の印鑑証明書、住民票も必要です。

親からの遺産相続で子供何人かで相続するような場合は、相続する人全員の印鑑証明書と住民票が必要です。

最近は住民カードがあれば、コンビニでも住民票を発行できるようになっているのでここは大いに活用しましょう。

さらに何人かで相続する場合には、遺産分割協議書も必要になりますので作成しておきます。

実際に土地の名義変更をする場合は、相続登記申請書を法務局に提出します。

これにより土地の名義変更が可能となりますが、必要書類や申請書は全てこちらが作成しなければいけません。

初めての事で土地の名義変更に関して全く知識がない人にとっては、わからない事だらけで戸惑いますが、こういう場合は司法書士に依頼すれば全て代行してもらえます。

用意するべき書類も指示してもらえるので、全く知識がない人でも安心です。

ただし手続きに係る費用とは別に、司法書士報酬が必要になりますので、これは別に用意しておくといいと思います。

委任状なども全て作成してもらえるのでここは安心ですね。

土地名義変更する理由

土地名義変更する理由にもいろいろあります。

一般的には、相続した場合、贈与された場合、土地を購入した場合などになります。

この他には財産分与で土地を相続する事もありますが、理由が違うと土地名義変更に関する手続きも内容が変わるので注意しましょう。

土地名義変更の利用が違えば、手続き内容も異なりますが、同時にそれにかかる費用も異なってきます。

また土地名義変更手続きは自分で行う事もできますが、専門的な知識を持っている人に依頼したほうが間違いなどもなく、手続きもスムーズに進む事から司法書士に依頼する事もできます。

ただしこの場合は司法書士への依頼料が発生します。

親から土地を相続する場合は、相続という理由になりますので、相続税や相続登記などが必要です。

贈与の場合はプレゼントするという事になるので、土地自体はただですが条件によっては贈与税がかかる場合もあります。

土地を購入したような場合は、売主から買主への名義変更が必要です。

この場合も税金や登記など決まりがあるので、こういう場合も司法書士に任せておいたほうが安心かもしれません。

遺言で土地を相続し、土地名義変更が必要な場合は遺言状を証拠として提出します。

離婚による財産分与の場合も条件が異なりますが、これも弁護士に任せておけば面倒な手続きや交渉も全て代行してもらえます。

このように土地名義変更にも理由があり、それにより手続きの方法なども変わってきますので条件も確認しておきましょう。