土地名義変更する理由

By | 2015年3月26日

土地名義変更する理由にもいろいろあります。

一般的には、相続した場合、贈与された場合、土地を購入した場合などになります。

この他には財産分与で土地を相続する事もありますが、理由が違うと土地名義変更に関する手続きも内容が変わるので注意しましょう。

土地名義変更の利用が違えば、手続き内容も異なりますが、同時にそれにかかる費用も異なってきます。

また土地名義変更手続きは自分で行う事もできますが、専門的な知識を持っている人に依頼したほうが間違いなどもなく、手続きもスムーズに進む事から司法書士に依頼する事もできます。

ただしこの場合は司法書士への依頼料が発生します。

親から土地を相続する場合は、相続という理由になりますので、相続税や相続登記などが必要です。

贈与の場合はプレゼントするという事になるので、土地自体はただですが条件によっては贈与税がかかる場合もあります。

土地を購入したような場合は、売主から買主への名義変更が必要です。

この場合も税金や登記など決まりがあるので、こういう場合も司法書士に任せておいたほうが安心かもしれません。

遺言で土地を相続し、土地名義変更が必要な場合は遺言状を証拠として提出します。

離婚による財産分与の場合も条件が異なりますが、これも弁護士に任せておけば面倒な手続きや交渉も全て代行してもらえます。

このように土地名義変更にも理由があり、それにより手続きの方法なども変わってきますので条件も確認しておきましょう。